8月25日


★JAM雑感★

JAMのNGJ(ナローゲージジャンクション)に出品をおこないました。来ていただいた方、ありがとうございました。ただ、声をかけていただいた方がほとんどいなかったのが残念でした。どこぞの掲示板に顔の出ている方々はみなさんお見うけしましたが..

私の出品物ではNfゲージが一番ウケておりました。TVのニュースにも出たし。Puch(プッフ)は10m以上はあろうかというエンドレスを始めて運転しましたが以外によく走りました。これもギャラリーの笑いを誘っていました。



8月16日


★【台湾GL】下回りの再生★



スプロケットが切り出せたので車軸を作ってみたくなりました。
スプロケットが0.8mm穴、車輪(サカツウ5mm径9mmゲージ用)が1.2mm穴なので0.8mm軸に0.8×1.2mmパイプ芸です。軸は折れてダメになった0.8mmドリルから切り出したもので。軸長が7.8mmしかない(5.8mmゲージ、踏面幅1mm)ので1本のドリルで2軸取れてしまいました♪。車軸の横ふれは動力フレームの外側と車輪の間に1.2×1.5mmパイプを0.2mm幅に切り出してスペーサーにするという厳しい設計になってしまったのでギヤ下ろし器みたいなのをこさえるという面倒な工作になっています。0〜2mmぐらいまで使えるパイプカッターを作らないとダメですね。チェーン駆動にすると動輪の押さえ板がスペースの都合上1枚板では作れなくなり左右で別々となってしまいます。ここまでは手が回りませんでした..


8月15日


★ギヤを薄くする方法★



ナローゲージでは小型の動力を作る際に「ギヤの輪切り」がよく行われるようです。だるまやギヤの3枚下ろしなんかは

だるまやのギヤを軸にハンダで固定して、電動ドリルやらでブン回しながら糸鋸で切り込む

みたいなことをしたわけですけれども今回の対象はチェーン駆動のスプロケット用のもの、正確に0.4mm幅のモノを必要とします。種ギヤはKさん特注時に便乗した0.25M8T1mm厚平ギヤというシロモノでイェンバハのスプロケットはヤスって1枚の種ギヤから1枚スプロケットを作ったのですが使いでの多いギヤなので在庫も急速に減り気味でなんとか1枚の種ギヤから2枚のスプロケットを取れないかと試作したのが写真のジグ。バローベの#6/0が0.2mm厚だったのできっちり中央に入れられれば2枚に下ろせるというわけです。ギヤが入る部分のスロットは1mm幅でこれは0.4mm厚のコの字の板2枚と間のノコ刃が入る0.2mm幅のスロットとなっています。両端は廃品の0.5mm厚で片方だけバイスに固定する機会もあるかとベロを出しています。中に入ったギヤは固定されないですがきっちりノコ刃が中央に入るので問題ないという計算です。ノコ刃がスリットの壁を削るのがイヤだったので油を付けて押し切りしてみましたが予想以上にキレイに下ろせたので(^ー+^)と言うところです。



(C)Hiromi Masaki